I LOVE RUDY.I LOVE RUDY.RUDY GROUP

ルーディーグループ

アクセスカウンタ

(平成18年からのカウンタです。それまでのカウンタは 2580 でした。)

Google

WWW を検索
rudy.jp 内を検索

 

 

 WAN's Data 

ルーディーですルーディーです

 

 

 

 

 

 

Rudy

ルーディーの基本情報をご覧になる方は次のリンクからどうぞ

Learn more

 

  フランツですフランツです

 

 

 

 

 

Franz

フランツの基本情報をご覧になる方は次のリンクからどうぞ

Learn more

1月1日(土曜日) 歯が抜けた

いきなりポロっと落ちたんです。 最初は「何???」と思ったのですが、フランツの口を見ると血が・・・。 右奥歯でしょうか。尖っているというよりは、平べったい系の歯です。 何も食べたりかじったりしていなかったので、生えかわる時期なのでしょうか。 とりあえず、子どものときの記念に取っておくことにします。(親ばかですネ。)

 

1月13日(日曜日) 臆病もの

家の中では毎日が運動会という感じで、フランツは激しく動き回り、「う-」と低くうなり、ルーディーに跳びかかり、もう大変です。 内弁慶になってしまう心配があるし、他の犬や外の景色に触れさせるためにも、親分たちは「お散歩」に連れ出します。 先週から出かけているのですが、フランツはものすごく臆病です。 まず、玄関の段差を越えられません。フランツを抱っこして家の前の道路に降ろすと「バンビ」状態で跳ねて歩くのですが、 角を曲がるところで腰が引けてしまい、ほふく前進になってしまいます。 外出を嫌いになってしまうのではないかと心配です。

 

1月19日(土曜日) ルーディーを病院へ

最近、耳の中を痒がります。 もともとそういうところがあったので、家でも耳垢とりや耳の洗浄を行っていましたが、プロに診てもらうべく、病院へ行くことにしたものです。 ついでに緩めのおなか(やや下痢気味)も見てもらいましたが、持病といった感じなので、薬をもらいました。 ルーディーは弱い部分がいろいろとあるので、本人ならぬ本犬も辛いでしょうね。

 

1月26日(土曜日) ルーディーの低温やけどは治りました

時間がかかりましたが、きれいに直りました。 包帯がなくなり、本犬もうれしいようです。耳の状況は一時のひどい時期よりは良い感じですが、治ったわけではありません。
フランツはだいぶ成長し、体長がルーディーと同じくらいに大きくなりました。 甘えん坊なところややんちゃなところは相変わらずです。 トイレがイマイチ心配で、なかなか部屋の中で自由にできませんが、どうしたものでしょうか。

 

1月27日(日曜日) 腹を立ててもしょうがないけど

ルーディーはフランツが大好きです。 けど、フランツはルーディーを下に見ているかのような振る舞いをします。 ルーディーがもっと怒ればいいのに・・・とよく思います。 でも、一番良いのは仲良くしてくれること。 今日は、今までルーディーとフランツを仕切っていた柵を取り払ってみて、一緒にしてみました。 んー、やっぱり狭い中で一緒にするのは無理があるな・・・フランツの攻撃に耐えているルーディーが気の毒です。 そのとき、ルーディーのために敷いているタオルケットの上で、フランツがおしっこを・・・。 奴は本当にトイレがだめです。人間は洗濯に向けてタオルケットをとりはずします。 もっとスペースを広くしてみようか。親分1はワンコスペースの拡大作業を行いました。 タオルケットを丸めて脇に置いていたら、再びフランツがさっきと同じ場所で○んちをしています。がーん。 人間は○んちを掃除し、トイレに流して戻ってくると、またまたフランツが違う床の上で、さっきより多くおしっこをしています。がびーん。 親分2は遊びに出かけていて親分1だけしか家にいないということもあり、なんだか腹が立ってきます。 が、フランツにあたってもしようがないので人間はこらえます。 親分1は、次に新しいタオルケットをルーディーのために敷きます。 すると今度はルーディーが○んちを・・・。もう脱力です。 10~15分程度のあいだに2回も洗濯することになってしまいました。 明日から再び人間は仕事になり、ワンコ達は留守番しなければなりません。 フランツがトイレを一日も早く学習するように祈る日がこれからも続きそうです。

 

親分2のブログ

日々のことをいろいろ

綴っています

  MORE

親分1のブログ

たまに

書き込みします

  MORE

ご意見はこちらへ

 表示されるメールアドレスから

 ++ を消して送信してください